メモ帳と隔離所

ゲームとかラノベとかの話をするブログ

天気の子 感想

 とりあえず、実にいいものを見た。こんなもの叩きつけられては否応なしに気分も良くなるってものだ。観てる途中のテンションは最高潮だったし、終わった後は気持ちよくチャリを立ち漕ぎして鼻歌混じりに帰りましたよええ。
 以下はネタバレ
 
 さて、何のことはない少年と、世界をどうこうしてしまいかねない少女と世界と社会とが織りなすような作品。最後には大抵どうしようもない別れに至るようなそれに狂わされてどれほどが経ったのか。
 前半の全能感と打って変わって、後半の展開はまさしくといったところになる。あのどうしようもなさとやるせなさ言ったら何度覚えてきたことか? 逃避行の果ての切な願いの痛々しさはどうだ? そんな知らないはずがない展開を打ち出された後の最終局面。警察署からバイクで逃げ出して、傷を追いながら有刺鉄線を飛び越えて、電車のない線路上を走り抜けて。最後に世界も周囲も自分たちのために投げ出して手を伸ばすシーン。多分ずっと求め続けていた、原風景的でありながら決定的に違う一連の映像の気持ち良さと言ったら! あのシーンをあれほどまで密に描き出してもらって、これ以上の感慨なんてあるはずがない。あるはずがないのに、まだ上乗せしてくるんだからたまったもんじゃない。帰還して寝転がってる姿と、世界がどうにかなっても案外回っている絵と、投げかけられた言葉と、最後の坂道とで感情が振り切れてしまった。        
 
   ああそうだよ、おれは世界なんかより少女を救う話を観たかったんだよ。空に帰っていってほしくなんかなかったんだよ、と。
 
 この作品が生まれたことと、今でもこんな作品が掛け値無しに楽しめることがこの上なく嬉しい。きっと10年後も好きな作品って言えるだろう。
 
 あとは蛇足的に。
 
 感想とか漁ってると大抵なんらかのものを見出してる感じがある。まあこちらもイリヤの空見出してしまってもう大変ではあったのだが。当たらない銃弾ってのがもうね。
 
 書くタイミングは失したけど曲はだいたい刺さってる。グランドエスケープのサビの歌詞とか、少年少女的な全能感の切り出しか些か上手すぎると思う。
ところで、正直なところエロゲに関しては正直周回遅れでやっているため、「セカイ系エロゲ」なんてものが実在したのかわからない、タイトル上げてるの見つからないし……keyは違うと思うし……。

イリヤの空、UFOの夏 雑感

 中学2年の夏休み中、ぶっ通しで先輩のUFO調査に駆り出されていた浅羽は、最後の夜に一人で学校のプールに泳ぎに向かう。そこには先客の女の子がいて、あれよと言う間に泳ぎを教えることとなり、そして女の子の手首には金属の球体が埋まっていることに気付き……
 そんな冒頭から始まる物語。その後転校してきた女の子、伊里谷やハイスペックで奇人な先輩、水前寺が主に話を振り回す、夏休みの延長戦のようなドタバタ活劇。原チャリで突っ走ったり、マイムマイムを踊ったり、大食い対決を繰り広げたり、といったイベント群を驚くべき解像度で打ち出してくるその手腕は実に見事で、きっとこの夏が終わらなければいいと、真に思う。思わざるを得ない。
 だからこそ、最終巻で描かれる終焉が、死に向かう夏が、帰還の後の長袖のシャツが痛々しくてどうしようもない。序盤のひどく脆い全能感から絶望的なところに転がり落ちていくあたりも、わかっていたはずなのにやるせなさが凄まじい。タイムマシンのあたりとか表現やシーンの綺麗さも相まって感極まっていた、頼むからどこかに救いよあってくれって思いから生まれた空想と、南の島の幻想が重なってしまって目を背けたくもなる。
 ただ、何かを成すかどうかは別にして、それでもあがいたことは間違いじゃないはずで、そんなどうしようもなく少年だった彼と不可逆の夏のお話。
 今でも鮮明に思い出せてしまうあたり、その印象がいかに激烈であった事かと思ってしまう。本当に良い作品であった。
 もうUFOの夏はこないけれど、UFOの日は今年もまた巡ってくる。

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 雑感

 関わりがなかった同級生兼隣人とひょんなことから距離が縮まることとなり、ご飯作ってもらったり、掃除したり、見舞いに来てもらったり……してもらったばっかりだな、別にそればっかりではないのだけれど。まあそういったノリの、穏やかに時間を重ねる作品。
 新刊情報として流れてきた時から、なんとなく予感があったのである。あらすじに散らされたワードとか、どことなく漂う雰囲気とか、多分そのあたりから、めちゃくちゃ好みの作品が降ってきたのではないかと思ったもんである。
 果たして予感は的中した。どころか、しすぎた。言うても期待外れに終わることもあるだろうとかたかを括っていたら見事に嗜好のど真ん中をぶち抜いていった。雰囲気はもちろん、展開やキャラにも圧倒的な安心感を覚える出来。染み渡るようと言うかなんというか。どこか淡々としていながら、信頼を見せつけてくる表現であったり、一人暮らしの部屋の聖域性であったり、じわりじわりと縮まる距離であったりとか、お互いの所作とか妙に知ってるあたりとか、読むほどに好きな要素が増えていってたまらない。
 というか淡々としてる割にめちゃくちゃ糖度高い文体ずるいと思う。あと自室の聖域性を理解しすぎている。とことん外に出ようとしない。
 ともかく、この穏やかで気分の良い物語が、今後も淡々と末永く続いてくれれば良いと切に願うのだ。

備忘録的読んだものメモ

利他的なマリー
 誰もから評価されないとは分かり切っているけれど、もっと読む人が増えてくれればいい。そんな作品。いや決して上手いわけではないのだけれど、この作家の作品はどうも好み。
なにがと言われてもあんまり答えられないのだけれど。中盤以降の世間的も細かいことも知ったことかという体で好き勝手やってるところがなのか。
内容はタイトル通りといえば通り。どうしようもないような世界への嫌悪とかいろいろをまぜこぜにして作品にぶち上げるあたりが持ち味よなと思う。最初からもうちょっとやりたい放題してる作品も読みたいよなと思いつつ、流行らんのかなあと思ったり。
和香様の座する世界
 相変わらずのロミオ。作品全体としてロミオ好きな人はやって損はない出来。むしろ一般的なエロゲも求めて来ると面白くないだろうと思う。今更だけれど。
 ただそんなことは些細な問題で、面白い物語かという観点からすればそれはもう、と答えるほかない。あまりにもフットワークの軽い展開は健在で、開幕からしてなんだこれってなってから引き込まれ、そっからは神様と極貧生活したりイケメン店長と店を流行らせたりってしてたと思ったらあれよあれよと言う間に話が凄まじい方向にかっ飛んで行く。クリア後は思えば遠くに来たもんだとなる。屋台骨を支えるテキストの面白さも健在。どう形容するのがいいのかわからないが、独特のリズムというか、言葉の振り回し方というか、この辺りが癖になってしまう。総じておすすめ。
 
nine
とりあえず2作目までやりました。三作目は進行中。
相変わらずこのライターは楽しいもん書くなってのが強まる。加えて作品としても全体的にレベル高くて良い感じ。今キャラゲーの類お勧めするならトップに立てるシリーズになってるし、とっとと3作目やりましょうって感じ。シナリオもいい感じに王道だしね。
とはいえこう、普通に面白い以上の感想を持ちづらいところはあるかもしれない。演出とかも真新しさがあるってわけではないし。あと一作目は正直不完全燃焼なので同じ時間軸とかで続きやってほしいなあって。
レイジングループ
 人狼をADVに落とし込んだ作品。単純に言って化物シナリオ。ぶっちゃけ絵とか声とかに問題がないわけではないのだが、それを補って余りある化物っぷり。本当に楽しませていただいた。
 楽しかった点はいろいろとあるのだけど、個人的に一番は異常さの描きかたみたいなもんが相当に良かったのだと思うところ。プレイしていて生まれ続ける「なぜ?」がとことんシナリオを読み進める原動力になってとどまるところを知らない。そのへん踏まえた上での構成も上手く、最初のうちはなんだこの村……だったのがだんだんなんだこの主人公!?にシフトしてく。まじでなんだこの主人公。
 人狼ってゲームをシナリオに落とし込むにあたっての色々も非常に秀逸。シナリオにするにあたって違和感起こすであろうところをあらかた潰したり利用したりしている。

今年のまとめ

ざっくりとよかったやつの短めな感想
 
アニメ編
 
グリザイアシリーズ
 
 全体通して盛り上がりは非常に上手かったと思う。果実はわりと早回し感があって色々わからんところがないわけじゃなかったけど、エンジェリックハウルで帳消し。あそこ最高じゃね? ああいう話大好きなんだけど、他にあったら教えて欲しい。
迷宮、楽園パートはまあ楽しかったよね。全員集合は否が応でもテンション上がるってもんである。
 
 
 やっぱりkeyだなあって感じ。なんかもう安心感の塊みたいな作品だった。どうしようもなく個人的な感想であるがこれに尽きる。そんでもって名雪と栞ルート見たくなったため原作買ったりしている。
疑似家族とか、生への執着とか、足掻いた果ての奇跡とか。最初は笑かしにきて途中から豹変するあたりとか。やっぱり話の構造からして好きなんだなと思ったり。
 
 
 これまた疑似家族ネタである。好きなんだよなやっぱり。全体的にツボ抑えてていい感じに完成度も高かった。やっぱり京アニはやりおる。
 
 
 書きながらそういや今年だったなと。もはや語り尽くされている節すらあるが。個人的に最も好きで頷ける評として加点要素しかなかったアニメってやつ。違いないと思う。
あとは正直外部概念の話である。何故人は勝手に妄想して勝手に死んでしまうのか。ぼくはなでリン派閥なので割とつらい。つらいは楽しいだがつらい。
 
 
 あまりにも作劇の基本って感じで楽しかった。序盤はギャグで引き込んで、中盤からキャラクター掘り下げつつ泣かせにきて、といった風。それはそれとして一つ一つの完成度が高く、まあ観ていて飽きさせない。いい意味で雑に勧めていける作品だなあと思うところ。
 
漫画編とラノベと小説
 
古見さんはコミュ症です
 
 一巻の見開きでやられた人間です。正直に申しましてめちゃくちゃ出来がいいラブコメって感じ。緩急すごい。ギャグのテンポよくて読んでて楽しいのはもちろん。キャラが可愛くて悶える。大好きな作品になりました。
 
 
 無料公開終わり側に全部揃えた。すっごい描写と設定が細かいバトルもの。とことん魅せ方で驚かせにくる。シーン単位で好きなところがいっぱいあるんだけど、千佳ちゃんハウンドが特に好き。それ使うんだって驚きと後ろにどデカくて真っ黒なトリオンキューブが出てきてホーミングレーザーになるのめっちゃかっこいい。
 
 
 癖のある本好きどもが図書室に集まって駄弁る漫画。一言で言い表してしまえばそうなるだろう。語られる内容も本に関連する意外は雑多で、内容の話から作家の話、読者あるあるネタといろんな方面から笑かしてくれる。
 ただそれだけでは終わらなくて、なんとなく少しだけとはいえ本読んできた身からすれば救いみたいなお話もあって。なんといえばいいのか。この上なく清々しいような、そんな気持ちにさせてくれる。なんか5年くらい前の気持ち思い出させてくれたりもして、結構特別な作品である。誰もが楽しめるとかじゃないとは思うけど、刺さる人にはぶっ刺さるものじゃないかと。おれは上に書いてる通りですね。
 
 
 もう2回くらい取り上げてるから多くを言う必要はないのだけれど。シンプルに完成度高い青春ものラノベでした。テキストの楽しさは普通くらいなのだけど、ヒロインの可愛さと展開の気持ち良さで帳消し超えて最高。仕込みも上手で途中完全に手が止まらなかったな、と。
 
彼女がエスパーだったころ
 
 とことん文章が気持ちいいと思ってる枠。個別記事と言ってることかぶるのだけれど、ムイシュキンの脳髄、というかそこに出てきた一言が本当に好き。たとえそれが袋小路だったとしても。個人的なものがあるとはいえこういう言葉放り出してくるのでこの作家はやめられない。
 
エロゲとか
 
バタフライシーカー
 超能力絡んでくるタイプのサスペンス的なお話。正直凡作であったと思う。ななりんとあけいろでハードル上がりすぎてたのと、体験版部分の長さに対して本編が短かったからこんな感想になってるのだと思う。シーン単位だとよかったとこあるんだけどね。千歳ルートの夜の公園のシーンとかはテンション非常に上がってた。そういう意味で素材が良かったけどそれを消化しきらなかったとも言えるのかもしれない。
 
夜巡るぼくらの迷子教室
 
 上手く生きられない人たちの物語。ぶっ刺さる人にはぶっ刺さる出来。おれはぶっ刺さった。人の弱さとか、やりきれなさとか、どうしてって気持ちとか、そういったものをまぜこぜにしたシナリオが大好きだから仕方がない。
 惜しむらくはキャラの設定がルートによってブレるあたり。主人公割と別人だったりするし。
 
 
 個別記事書いたやつ一号。上手い下手以前の話でテキストの相性ってあると思うんですよ。それが合うと読み勧めててこのライターめちゃくちゃわかってるじゃんみたいな感覚に陥ったりする。でもってこの作品はそれであった。読み進めている間気分が良すぎて本当にクリアまでが一瞬だった。舞台設定なんかも好みではあったんだろうが。
 あと妹がかわいかった。今年はやたら気に入る妹キャラが多かったのだが、そのはしりである。
 
 月に寄り添う乙女の作法
 
 完成度ちょうたかい。テキストよし演出よしキャラよしシナリオよし。そのうえ好みにも符号してたんだからすごいぜ。細かく語るところは正直個別記事で言ってる感じがあるのでそちらで。
 
 
 続編として完成度ちょうたかい。前作のテキスト演出キャラの良さそのままに、シナリオも非常に上手いこと前作を利用してる。
 個人的には主人公大蔵遊星をたくさん見ることができたのもポイント高め。かっこよかったぞ。今年で一番気に入った主人公だ。あとりそなも好き。今年の強い妹二人目。
 
 
 我らがkeyはここにあった。楽しくて、懐かしくて、眩しくて、笑って、泣いて。これ書けるライターいるならもうしばらくはこの界隈安泰だろう。今年出た作品に絞って良かった作品挙げるならトップだろう。個別記事も一応ある。
 
水葬銀貨のイストリア
 
 重苦しさと八方詰んでる感を楽しむお話。
 多分トゥルーを楽しむ系のゲームだったと思うのだが、色々なものを失った後の救いのような物語が好きなおれにとっては個別の方が好みであった。夕桜ルートとか正直めちゃくちゃ良かったのである。また妹か。
 テキストの熱量も結構なもんだったし、しんどいお話おっけーならおすすめできる作品と言える。
 
君と目覚める幾つかの方法
 
 テキストがあまりにもハマり過ぎた。あまりにもハマりすぎて終わらせるのがもったいなくなりクリアに凄まじく時間かかった。かずきふみ氏の文章ななりんのときから当たりしか引いてないなーと思う次第。今後も楽しみにしてます。
この作品としてはエロシーンがおれが見てきた中でトップクラスによく出来ていた。実用性的な意味ではなく、幸福とか安心とかそういうものを丁寧に織り込んでいる。
 
 あとはランスシリーズ触ったりとか。あれ長くて全テキスト見るのは正直無理そうである。家族計画と腐り姫はそろそろ終わらせたいなと思う次第ではある。来年は和香様楽しみにしてる。体験版やってるとやっぱりロミオは天才なんだって気持ちになるなど。小説ラノベはあんまり触れなかったので読まんとなあ。kindleセールで買って放置してるやつとか米澤穂信新刊とかサクラダリセットとか宮内悠介の長編とか。
 
 この中から作品全体でよかったものを挙げるならド嬢、つり乙シリーズ、サマポケになってくるのだろうか。短編レベルだとグリカジのエンジェリックハウルとムイシュキンの脳髄。全体はそこまででは無いが、シーン単位で好きなやつだときみめざとイストリアって感じか。
 
 
 
 
 

水葬銀貨のイストリア 雑感

 不思議な作品であった。掛け値無しに面白かったとは言い難く、好きな作品かと言われれば首をかしげる。しかしながらつまらなかったと断じることも出来ず、微妙な作品と言ってしまうことは間違いなくできない。物語を噛み砕くこともできていないと思う。全ルート終了後になんだかなんとも言えない違和感があって、クリアしてそれなりに経つのだがそれが抜けていない。だから今ちょっと書いている。
 シナリオ全体を取り巻くのはどうしようもない重苦しさだった。それも段階を追って増していくタイプのそれ。雑な言い方をすれば詰んでるし、プレイ側としても正直凄まじく疲弊する。このゲーム選択肢自体は少ないんだけど、最初の選択肢なんかはどうしようもなさの象徴で、あれはほんとうにどうしろとと言いたい。というか本当に共通に関してはこれが良かったというよりここがしんどかったって記憶が非常に強い。明るいなんかもあったはずだけれど塗り潰されてる。個別もあの選択の後なこともあって、重苦しさがそれほど抜けない。妹ルートはなんとなく吹っ切れてて結構好きだけど。てかこの妹が結構好みのキャラなのかもしれない。
 語るべきなのはトゥルーだろう。正直どうやって畳むのかと思っていたここまでの話を一気に纏めてくる。正直ここまでとは思っていなかった。その中で本物とか偽物とか、依存からの脱却とか、そういったものに答えを出していく。
 ただここも開放感だけがあるかって言うとそう言うことでもない。意地の悪さが見え隠れするというか。それとは別に正直回想多用しすぎて間延びしてる感がなくもなかったというか。もうちょっと個別に回してあげても良かったんじゃないかなあ、と。盛り上がりもそれを補って余りあるって言えるかはやる人次第。人を選ぶ作品には違いないし、刺さる人には刺さる。そういう意味ではこの手のゲームらしい。
 不満点ばかりつらつら並べてしまったようではあるが、主人公達の苦悩とその回答の物語として非常に楽しくはあったし、続き見たさで駆け抜けてしまったりもした。好みとかそういうものを超えていつかまたやりたいとも思うし、誰かと話をしてみたい作品でもあったのでやってくれる人が増えればいいと思う。理不尽に放り込まれて足掻く物語が読みたい人には強く勧めたいところ。こんなライターもいたのかと思ってしまう。少なくともこれだからこういう作品追うのやめられないんだよと感じたことは確かだ。
 とりあえず冬あたりに出る同メーカーの作品は買いたい気持ち。しかしこの記事言葉足らずだよなと。あとは私自身トゥルーエンドってものをそんなに好んで受け入れてないのかな、とも。

「青春ブタ野郎」シリーズ 1-5巻雑感

 不意にアニメ見て思い立って不意に原作読んだので。この前もちょろっと書いたけど個別書きたくなってしまった。あといつも以上に散文。自分でも何いってんだって感じ。

 作品に何を求めるのかというと色々あると思う。個人としてはいい感じテキストと好きになれるキャラクターがいれば楽しめる。そこにそれなり以上のシナリオが乗っかってれば万々歳。

 ただやっぱり、良いものだからといって何もかもが好きなわけじゃない。じゃあ好きなテキストってなんだよ、って話にもなる。しかし何もかもが好きではないとはいえある程度好みが散っているから、一言では語れない。一言どころか完璧に言語化できてすらいないだろう。

 ただ、このシリーズは好みのうちの一つに合致したといっていい。いやこの手の痛々しさが溢れてくる文章久々に読んだよね。

 とはいえそれだけってわけでもないのでなかなか。全体的に、シンプルに展開が気持ち良い。というか好み。先輩の両親に啖呵切ったりとか、先輩と見知らぬ街に行ったりとか、この時点でだいぶ最高じゃねえかって感じだった。そこに一巻の最後の方の痛々しさを盛大にバネにして愉快な展開ぶちこんで来るのだからたまらない。それに会話のセンスは非常に良い。なんか安心感がある。とても楽しい。

 一巻はこんな感じではあったけれど、2巻からは結構閉塞感とか居づらさみたいなものやら高校時代のどうしようもなさとかも放り込んでくる。これはこれで良くて、根暗だからやっぱりこういう話好き。やはりオタクがオタク向けに本気出して書いてる話は楽しいんだよな。痛々しさとどうしようもなさと救いがいい感じに混ざり合っている。あと不完全性みたいなもの。こういうのでいいんだよ少年たちなんだから。

 それでも生きていくしかないのだから。必死に何かを迷ったり頑張ったり逃げ出そうとしたり立ち向かったりする。正解ではなかったとしても、そうして手にした何かはきっと価値がある。綺麗な空想ではあるけれど、おれはこういうものが好きだったなと立ち返ることもできた。非常に満足度が高い。

 キャラの造形も非常に良い。なんか安心感あるっていうか暖かさがあると言うか。いや、正直最初は大丈夫かって思ったけどなんか進むごとに好きになる。何から来てるんだこれ、距離感とか台詞回しとかあるんだろうけど。実際キャラのヘイト管理とフォローがかなり上手とは思うのだが。

 とりあえずこんな感じで楽しんでたのが4巻まで。

 

 で、まあ5巻である。

 してやられた。

 これまでの積み重ねから抱いていたものを一斉に叩き込まれる感覚。いや、ほんとにやってくれる。

 どう言葉を繰るべきか正直まだわからないけれど。てか今回本当に文章まとまってないな……。