メモ帳と隔離所

ゲームとかラノベとかの話をするブログ

小説

2019まとめ

よかったやつをさっくり感想でまとめるだけ。 レイジングループ 人狼モチーフサスペンスADV。シナリオの面白さで引きずり切られた傑作。疵がないとは言わないがそれを補って余りある出来。もっとやる人増えればいいのに。なんか損してるところ多いゲームでは…

裏世界ピクニック 1~3巻 雑感

なんとなく買ったら最高に好物だった。 てけてけ、八尺様、きさらぎ駅、そんなネットロアが実在する「裏世界」に迷い込んで……といったところから始まる物語。でもって百合。感情こじれまくりの依存度強め。いやはや、なんというか実にわくわくする、させられ…

BEATLESS 雑感

一気に駆け抜けてしまった。ちょろい。 ロボットの性能が人間を上回ったから数十年。人がやる必要があること。人がやるべきであることが次第に少なくなっている世界で繰り広げられる、人間とロボットのボーイミーツガール。 正直軸になっているものは結構あ…

読んだもの雑感

モノクロの君に恋をする 好きなものをゴリ押してくるというか、これが好きなんだってぶつけてくるような作品はいいものである。話としては正直ありきたりだけれども、勢いに飲まれて気持ちよく読み切ってしまった。なにか書いたら買いそう。 聖なる怠け者の…

イリヤの空、UFOの夏 雑感

中学2年の夏休み中、ぶっ通しで先輩のUFO調査に駆り出されていた浅羽は、最後の夜に一人で学校のプールに泳ぎに向かう。そこには先客の女の子がいて、あれよと言う間に泳ぎを教えることとなり、そして女の子の手首には金属の球体が埋まっていることに気付き……

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 雑感

関わりがなかった同級生兼隣人とひょんなことから距離が縮まることとなり、ご飯作ってもらったり、掃除したり、見舞いに来てもらったり……してもらったばっかりだな、別にそればっかりではないのだけれど。まあそういったノリの、穏やかに時間を重ねる作品。 …

備忘録的読んだものメモ

利他的なマリー 誰もから評価されないとは分かり切っているけれど、もっと読む人が増えてくれればいい。そんな作品。いや決して上手いわけではないのだけれど、この作家の作品はどうも好み。 なにがと言われてもあんまり答えられないのだけれど。中盤以降の…

今年のまとめ

ざっくりとよかったやつの短めな感想 アニメ編 グリザイアシリーズ 全体通して盛り上がりは非常に上手かったと思う。果実はわりと早回し感があって色々わからんところがないわけじゃなかったけど、エンジェリックハウルで帳消し。あそこ最高じゃね? ああい…

小説感想:彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ 「盤上の夜」を読んで以来、面白いもの書くな、と思いながら別作品を読んでなかった作家である。最初に書店で見た際はまだハードカバーで出たばかりの頃であったが、気付けば文庫化されていた。時の流れはあまりにも早い。何はとも…

今年のゲーム回りの総括

印象に残ったのがメインだったり。本当は漫画とラノベもやりたかったがなんかうまいこと文面が思いつかなかった。そっちはそのうちにでもやりましょう。

小説感想:いまさら翼といわれても

待ちに待ったと言っていい古典部の新作である。もう五年は経ってる。よくぞ出てくれた。 なお私はミステリを好んで読むわけではなく、その知見もない。よってこの物語をミステリの側面から読むことはない。 さて、全体の構成としては「遠まわりする雛」に近…

小説感想:さよなら妖精

ジャンル:ボーイミーツガールな青春ミステリ新装版記念に