メモ帳と隔離所

ゲームとかラノベとかの話をするブログ

小説

小説感想:彼女がエスパーだったころ

彼女がエスパーだったころ 「盤上の夜」を読んで以来、面白いもの書くな、と思いながら別作品を読んでなかった作家である。最初に書店で見た際はまだハードカバーで出たばかりの頃であったが、気付けば文庫化されていた。時の流れはあまりにも早い。何はとも…

今年のゲーム回りの総括

印象に残ったのがメインだったり。本当は漫画とラノベもやりたかったがなんかうまいこと文面が思いつかなかった。そっちはそのうちにでもやりましょう。

小説感想:いまさら翼といわれても

待ちに待ったと言っていい古典部の新作である。もう五年は経ってる。よくぞ出てくれた。 なお私はミステリを好んで読むわけではなく、その知見もない。よってこの物語をミステリの側面から読むことはない。 さて、全体の構成としては「遠まわりする雛」に近…

小説感想:さよなら妖精

ジャンル:ボーイミーツガールな青春ミステリ新装版記念に