メモ帳と隔離所

ゲームとかラノベとかの話をするブログ

ゲーム

十三機兵防衛圏 雑感

とんでもないものが去年出ていたもんだと驚くとともに、見逃していたことがもったいなかったな、と。 13人の主人公の視点で語られるADVパートの「追想編」と、機兵を操作して世界の危機に立ち向かうSLGパートの「崩壊編」を交互に進行する、といった体のゲー…

WHITE ALBUM2 感想

Twitterではこのところ「胃が痛い」「助けてくれ」「報われてほしい」だの散々言ってたやつです。お目汚しを失礼。面白いけど不安定になる代物でした。割と劇物。それでいて幸福な時間を過ごさせていただきました。 感想にはなるのだけれど、最終章は雪菜ル…

2019まとめ

よかったやつをさっくり感想でまとめるだけ。 レイジングループ 人狼モチーフサスペンスADV。シナリオの面白さで引きずり切られた傑作。疵がないとは言わないがそれを補って余りある出来。もっとやる人増えればいいのに。なんか損してるところ多いゲームでは…

ハピメア 雑感

願いや望みが思いのままの夢の世界で少年少女が惑うお話。とことん大満足の出来であった。シナリオ、絵、曲それぞれの完成度はもちろんだが、シナリオと細かなテキストが実に琴線だったなと。夢の世界とか、逃避とか、なんで生きてるの? とか。後単純にこの…

読んだもの雑感

モノクロの君に恋をする 好きなものをゴリ押してくるというか、これが好きなんだってぶつけてくるような作品はいいものである。話としては正直ありきたりだけれども、勢いに飲まれて気持ちよく読み切ってしまった。なにか書いたら買いそう。 聖なる怠け者の…

黄昏のフォルクローレ 雑感

時は開国より数十年。主人公の有馬とヒロインすぴかの主従をベースに繰り広げられる伝奇ものといったところ。単純に好みだと思っていたのだが、その実想像以上に楽しんでしまった。navel系列、テキストがあまりにも強すぎる。 最初のうちはいつも通りのよう…

備忘録的読んだものメモ

利他的なマリー 誰もから評価されないとは分かり切っているけれど、もっと読む人が増えてくれればいい。そんな作品。いや決して上手いわけではないのだけれど、この作家の作品はどうも好み。 なにがと言われてもあんまり答えられないのだけれど。中盤以降の…

今年のまとめ

ざっくりとよかったやつの短めな感想 アニメ編 グリザイアシリーズ 全体通して盛り上がりは非常に上手かったと思う。果実はわりと早回し感があって色々わからんところがないわけじゃなかったけど、エンジェリックハウルで帳消し。あそこ最高じゃね? ああい…

Summer Pockets 感想

とにかく良かったと言わざるを得ない。いやうん、これはもうしょうがない。作品終わってから溜め息出る作品は実に自分がのめり込んでいたかの証左であるし、はっきり言って終わってから大分無気力って感じである。別の作品摂取する気にならない。まあやるけ…

黄昏のシンセミア 雑感

何で今までタイトルも知らんかったのかって程度には名作だった。通しで駆け抜けられた作品は結構久々であったし、ずっと楽しんだままそれを成せたのはひとえに完成度の高さに他ならないだろう。好みの部分を突かれたってのも無いとは言えないだろうが。伝奇…

サクラノ詩:感想

全体として、ひたすらに気分のいい作品であった。個別のストーリー自体は結構好みがでるように思うが、少なくとも自分の趣味にはストライクなものばかりで非常に気分良く読み進められた。最初の方は割と投げ出されるような感じで始まるところもあり、物語に…

今年のゲーム回りの総括

印象に残ったのがメインだったり。本当は漫画とラノベもやりたかったがなんかうまいこと文面が思いつかなかった。そっちはそのうちにでもやりましょう。